【保存版】ヘアカラーする時【濡らした髪】【乾いた髪】でカラーする違いは?

美容室でヘアカラーをする時のお話

 

 

みなさん経験があると思いますが

 

あれ?今日は濡れた状態でカラーするの?

 

みたいなことありますよね?

 

  • 乾いた髪にカラーする
  • 濡れた(濡らした)髪にカラーする

 

この違いはなんなのか?

 

その辺りを説明していきましょう。

f:id:shinichi5:20150527131750j:image 

 

乾いた髪・濡れた髪でカラーする違いは?

 

僕もあまり説明していないので、多分いろんな美容師さんが説明をしていないんだと思いますがw

 

簡単に説明すると

 

乾いた髪・濡れた髪でカラーの入り方が違います。

 

これ、すごく重要なところなんです。

 

なんでカラーの入り方が違うのかというのは

 

髪の水分量の違いです

(これを説明しだすとガチで長くなるので割愛します)

 

んじゃ、どっちがどうなるのか・・・

 

 

濡れた髪より乾いた髪の方がカラーの入りがいい

 

これ、誤解がありそうなのでちゃんと読んでくださいね。

 

濡れた髪よりも乾いた髪の方が

 

同じカラー剤を使っても

  • 明るくなりやすい
  • 暗くなりやすい
  • 色が綺麗に発色しやすい

ということになります。

 

んじゃ、濡れた状態でやるのはデメリットしかないじゃん!

色綺麗に出せよ!!

っざけんな!!!

 

 

って思うかもしれませんが、そんなことないです。

 

美容師は髪のプロです。

濡れた髪でも乾いた髪でも狙ったカラーにするようにカラー剤を調合するので大丈夫です!!

 

そう、ちゃんと調合出来るからプロなんです。

濡れた髪と乾いた髪にカラーをする場合

カラー剤の調合が変えます!!!

 

なので安心してくださいw

 

 

さて、話を戻します。

 

 

乾いた髪と濡れた髪にカラーするメリット・デメリット

 分かりやすく羅列しますね。

 

もちろんこれは美容師の技術スキルで埋めることは可能です。

 

乾いた髪にカラーするメリット・デメリット

メリット

  • 発色がいい
  • 明るくしやすい
  • 暗くしやすい
  • 濡らさないので時間短縮

デメリット

  • 長かったり絡まったりしてると塗るのに時間がかかる
  • 技術がないとムラになりやすい
  • カラー剤の量を多く使う

 

濡れた髪にカラーするメリット・デメリット

 メリット

  • カラーを塗る時間が早い
  • 技術の差が出にくいのでムラになりにくい
  • カラー剤の量が少なくてすむ
  • 絡みにくい(トリートメントすれば)

デメリット

  • 一度濡らすのでその時間がかかる
  • 発色・明るさを調節するのにカラーの調合を変える

 

ということです。

 

ぶっちゃけ、どっちも問題ありません。

技術スキルで埋まるレベルです。

 

もちろんこれは、目安として考えてください。

 

 

実際にどう使い分けているのか

一般的にはどんな風に使い分けているのか

 

 

基準は

 

  • ダメージレベル
  • 長さ

 

によって濡らしてカラーしたり、乾いた状態でカラーしたりします。

 

美容室・美容師でも違いますが

 

その時のお客様の髪の状態と求めるカラー

で濡らすか乾いた状態かを決めています。

 

どっちでカラーをしても問題はありません 

 これだけ書いといてあれですが

 

乾いていようが、濡れていようが問題ありません。

 

美容師側がカラー剤をコントロールします。

 

技術スキルも大丈夫です。

 

今日は濡れた状態なんだ

いつもは乾いた状態でカラーするのに 

 

 

とかあっても最終的なカラーはちゃんと出せるので心配しないでください。

 

 

その時のお客様の髪の状態と求めるカラー

で濡らすか乾いた状態かを決める。

 

 これが答えですね。

 

なので、同じお客様でも、時と場合によって濡れた状態なのか乾いた状態なのかは違います。

 

 

いつもと手順が違くても安心して美容室でカラーしてください☆

 

 

 

では!

 

ご予約についてはこちら

この記事を見て、ご予約をご希望の方や気になる方はこちらをご覧ください。 LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

取材・お仕事のご依頼はこちらから

MAIL

TEL