【美容師向け記事】ホットペッパーは嫌いだけど、費用対効果を考え方を変えると。思うことをつらつら書くだけです。

1週空いて美容師向け記事です。

 

先週の火曜日は月初めだったので人気記事ランキングでした。

 

さて美容師向け記事。

 

美容師じゃない方は戻るボタンで他の記事見ましょw

 

基本、火曜日は美容師向け記事と題しながらも、僕の思うことをツラツラと書いていくので、読みにくいし伝わりにくいかと。

 

 

今回はホットペッパーについて

ええ。

タイトル通り嫌いですが、店全体の新規集客ということでLissでもやっています。

 

なんで嫌いかって・・・

何より高いし

Lissオープン時の掲載で不備あったし

つまるところ嫌いです。

 

で、話を戻して・・・

 

 

それでもこのご時世、やはり勢いはあります。

 

ホットペッパーで新規集客が一番客数呼べますしね。

 

で、タイトルの費用対効果の考え方ってとこなんですが・・・

 

例えば、ホットペッパーのプランが月額50万だとしましょう。

 

その場合、一番の理想は新規売上70〜80万以上ですかね?

月額の掲載費+スタッフ歩合分で妥当なのがこの辺りかと。

 

二番目の理想としては新規売上50万です。

広告掲載費=新規売上

まぁ実際にはポイント付与分などの諸経費で+数万くらいでトントンかと。

 

それでも毎月広告掲載費と新規売上がトントンでリターン率が0じゃなければ溜まって来ますよね。

 

で、基本的にはここまでだと思うのですが・・・

 

考え方を変えれば、広告掲載費>新規売上でも実はマイナスにならないというアレです。

 

単純にリターンがあればというお話ですね。

 

例えば月に30万の新規売上だとしましょう。

基本的にはマイナス20万ですが・・・

 

客単価1万で30人として、リターンが50%だとしましょう。

3ヶ月周期で15人の既存客になったとしましょう。

4ヶ月目には30人

5ヶ月目には45人

6ヶ月目には60人

新規売上は増えなくても、既存客が増えていけば良いという考え方。

 

もしもホットペッパーをやっていなかったら、6ヶ月経っても既存客が60人に増えるということは難しいと思います。

 

んで、半年間毎月30人の新規売上を継続できれば

30万の新規売上

60万のホットペッパーからの既存売上

で90万

 

あとは、ある程度固定客で予約が埋まってきて、新規客数もそんなに取れなくなりそうな感じになってきたら

プランを下げて広告掲載費を落とす

 

ホットペッパーを導入してしまったが最後、ネット予約を無くすことは難しいですね。

LINE予約や自社HPの予約に100%移行できるかというと難しいですしね。

 

なので、ネット予約は可能なギリギリまで落としていけば良きかなと。

 

まぁこれは理想論なので簡単にできるものではないと思いますが・・・

 

実際に同じような感じで広告掲載費落としても売上変わらず利益増えている方々はいますしね。

 

もちろんLissもいずれはこうしたいですが、今のところはまだそのレベルまでは言っていないので掲載していきますが。

 

ちなみにホットペッパーの攻略法というか上手く使うコツは・・・

サロンにかかってくる営業電話から得られます。

だいたい世の中のシステム的なものには攻略法的なのがありますしね。

 

何が言いたいのかわからなくなりましたが、そんなところで今日は終わります。

 

とりあえずどこかの企業様がホットペッパーと並ぶくらいに世間から認知・使用され、広告掲載費も低めなモノを作ってくれると、美容師側もお客様側も非常に助かります。

 

 

ではでは。

ご予約についてはこちら

この記事を見て、ご予約をご希望の方や気になる方はこちらをご覧ください。 LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

取材・お仕事のご依頼はこちらから

MAIL

TEL

ABOUTこの記事をかいた人

渡辺 真一

【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】