シャンプー台で寝たまま?席に戻って?美容室でのトリートメントの違いはあるの?

美容室によって様々な技術や施術方法はあります。

 

美容室でトリートメントをされたことのない方は少ないかなと思います。

 

さてここで疑問です。

 

シャンプー台で寝たままトリートメントするのと、席に戻ってトリートメントするのでは違いはあるの?

 

美容室によって、または美容師さんによって、はたまたトリートメントによって違う場合がありますよね?

 

皆さんも経験があると思います。

 

  • シャンプー台で寝たままの状態でトリートメント
  • 一度席に戻ってからトリートメント

 

一体何が違うのでしょうか?

 

分かりやすくサクッと書きますね。

 

シャンプー台で寝たままの状態でトリートメント

メリット

  • シャンプー後にそのままトリートメントをするので早い
  • 席に戻らないのでお客様に負担にならない

 

デメリット

  • 席に戻ってからトリートメントの方がトリートメントしてもらった感がある
  • スチーマーなどを使わないと栄養が浸透しづらい
  • シャンプー台が1席埋まる

 

一度席に戻ってからトリートメント

メリット

  • しっかりトリートメントしてもらった感がある

 

デメリット

  • 時間がかかる
  • 席とシャンプー台を行き来するので移動が負担になる

 

 

という感じですかね?

 

はい。

 

お分かりいただけるように、きちんとすれば仕上りに差はありません。

 

一度席に戻ってからトリートメントをする方が、しっかりとトリートメントしてもらっている感がありますよね?

確かに昔はそうでした。

 

ですが昨今は・・・

スチーマーという機材などを使用することで、トリートメントを短時間で効率的に浸透させることが出来ます。

 

僕がお客様なら、効果・仕上りが同じならば

早くて移動しないほうが良い

と思っていますので、99%はシャンプー台でトリートメントをします。

※残り1%はシャンプー台が埋まってしまって他のお客様・スタッフに問題が置きてしまう時のみ。基本ありません。

 

一度席に戻ってトリートメントをする場合は

シャンプー台でシャンプー

席でトリートメント

シャンプー台でトリートメント流し

というふうに、席↔シャンプー台の行き来が増えます。

効果や仕上りが同じならば、ずっと寝ているだけのほうが僕がお客様なら楽かなという理由で、シャンプー台でトリートメントをしています。

 

もちろん、スチーマーなどを使用しなかったり、使用方法を誤ると効果が半減しますが。

スチーマー以外にも色々とトリートメントを浸透させる方法はあります。

  • タッピング(指で髪を叩いて押し込む方法)
  • 席で髪を温める(加温器を使用)
  • 超音波アイロンを使用
  • 震えるクシを使用
  • スチーマーを使用

これらを組み合わせたりすることで、より一層トリートメント効果を浸透させることが出来ます。

 

ぜひご参考までに。

 

ご予約についてはこちら

この記事を見て、ご予約をご希望の方や気になる方はこちらをご覧ください。 LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

取材・お仕事のご依頼はこちらから

MAIL

TEL

ABOUTこの記事をかいた人

渡辺 真一

【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】