トリートメント無しでカラーをする時、美容室によってダメージに違いが出るのはなぜ?考えられる3つの理由

お客様から聞かれるシリーズです。

 

先日ふと聞かれました。

お客様
トリートメントしないでカラーだけしてもらう時に、美容室によってバキバキになるところと、あんまりダメージしないところがあるのはなんで?

 

ということで、考えられる可能性として3つ上げましょう。

 

  • 美容室(カラー剤)が理由
  • 美容師(配合)が理由
  • コンディショナーが理由

 

美容室(カラー剤)が理由

使用しているカラー剤が理由の場合ですね。

とは言っても、昨今のカラー剤なら昔と違ってそんなにダメージすること少なくなっていると思いますが・・・

それでもカラー剤のメーカーや種類によっては多少ダメージの差が出ます。

 

美容師(配合)が理由

一番の原因かなと思うのがこちら。

カラーの配合の問題。

同じメーカー・種類のカラー剤を使用したとしても、配合の仕方は美容師さんの数だけあります。

カラーの配合の仕方によってはダメージの差が出ます。

 

また、カラーの塗り方でもダメージが出る場合はあります。

ガシガシと梳かしながらカラーを塗っていくと当たり前ですがダメージが出ますよね。

 

コンディショナーが理由

最後はコンディショナー。

トリートメントはしていませんが、コンディショニング剤によって仕上りが変わります。

シリコンの有無やコンディショニング剤の性能によってはダメージがモロに出る場合とツルツルになる場合があります。

 

がしかし、この場合は数日したら仕上りは変わりません。

コンディショニング剤なので落ちてきたらカラーのダメージは出てきます。

 

 

以上の3つがトリートメント無しでカラーをした場合の仕上りの差かなと思います。

 

お客様が分かるくらいにダメージの差が出るようですね。

ぜひご参考にして下さい。

ご予約についてはこちら

この記事を見て、ご予約をご希望の方や気になる方はこちらをご覧ください。 LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

取材・お仕事のご依頼はこちらから

MAIL

TEL

ABOUTこの記事をかいた人

渡辺 真一

【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】