アメブロ時代の記事

シャンプーって

市販シャンプーの成分のうち、 約50〜70%を占めるのが「水」です。

約30〜40%が「界面活性剤」です。

これの種類によってシャンプーの性格が決まります。

残り10〜20%くらいが補助洗浄剤や防腐剤・紫外線吸収剤・香料・保湿剤・酸化防止剤・ph調整・コンディショニング剤など。

もし主洗浄剤(界面活性剤)が、皮膚への強い刺激があり、アトピー性皮膚炎を悪化させ、ハゲになり、妊娠中のマウスを簡単に流産させてしまう成分だったら、あなたは使いたいですか?

それが一番安くて有名なシャンプーだったとしても。

その成分は、「ラウリル硫酸」を筆頭に、「ラウレス硫酸=ポリオキシラウリルエーテル硫酸」「パレス..硫酸..」という合成洗剤、歯磨き粉にも使われる成分です。

実は、市販シャンプーや美容室シャンプーの主成分で一番使われている成分です

これらのシャンプーは、頭皮や毛髪に必要な油分を取り去り、キューティクルの薄い膜を破壊するパワーがあります。

たんぱく質変性による肌荒れ、クセ毛、薄毛という悪影響を及ぼします。 にきび・肌荒れの原因にもなります。

街でパサパサで輝きの無い髪の方を見かけると思いますが、こうしたシャンプーが大きな原因の一つとなっているのです。

それだけ大きい力を持っている洗浄剤の効果をごまかすために、油分やシリコンが多く配合され、傷んだ髪や頭皮を覆ってしまうのです。

それを毎日毎日、1年365回も繰り返してるとしたら、怖くないですか?

ドラッグストアなどに行って見てもらえばわかると思いますが、 ほとんど「ラウレス硫酸」「ポリオキシ…」がベースのシャンプーばかりだと思います。

企業の価格競争もあり、できるだけ安く売って利益がでるようにしなければならないのでしょう。

安くするためには、シャンプーの大部分をしめる洗浄剤を安物にする必要があるのでしょう。

安い洗浄剤ということをごまかすために、安いシリコンや油分でいかにも洗い心地がいいように演出する。

大々的にCMを出していかにも髪がさらさらになるように洗脳する。

これは、私たちをだまして、馬鹿にしているとしかいいようがないです。もしくは儲かったもん勝ちという考え。

実際、それらのシャンプーの中身って原価50円くらいらしいです…

いいシャンプーでのシャンプー手順

■まずはお湯ですすぎます。

お湯だけで汚れの80%を落とせます。

★お湯だけで落ちる汚れ:   汗・排気ガス・フケ・タバコ・ほこり

★シャンプーで落とす汚れ:   皮脂・スタイリング剤など油分 しっかりすすいでください。

シャワーヘッドは持って、頭皮近くからあててください。

■次に、手に500円玉くらいのシャンプー(1.5プッシュ〜2プッシュ)を出し、手の平によく伸ばします。

この時点で低刺激シャンプーであれば無理に泡立てる必要はありません。

■手のひらにうすく伸ばした状態で、髪が充分に濡れているうちに頭皮から泡立つようにつけていきます。

もみこむように、頭皮から泡が外に広がっていくイメージで泡立てていくと泡立ちやすいです。

※すすいだ髪や頭皮が時間がたって水気がなくなるとさらに泡立ちにくくなる上にシャンプーの刺激が増すので手早く。

1度目のシャンプーは1分くらいでOK。

整髪料などが落ちればすすいでしまってよいです。

※洗浄力の強いシャンプーは2回しないほうがいいです。

■今度は10円玉くらいのシャンプー(1プッシュ)を泡立て、同様に髪全体に行き渡らせ、

 次に指を広げて頭のてっぺんに向かって頭皮をギューーっと押し込みます。

頭皮をてっぺんに向かって絞る感覚です。

横から、前から、じっくり絞ります。

とても気持ちいいリラックス効果があるのと同時に、頭皮の汚れ、毛穴の汚れを搾り出す効果があります。

頭皮の血流も改善され、毛が丈夫に伸びる状態にリセットできるんですね。

ただし、頭皮にトラブルがある方はマッサージの行程は飛ばしてください。

■頭皮がじんわり温かくなる程度やったら、生え際から頭のてっぺんに向かって、手をクロスさせるように洗いあげます。

※爪はあてず、指の腹で。 両手でやるのが難しい場合は片手でギザギザにしっかり強くさするように洗います。

髪ではなく、頭皮を擦る感じです。

目安は頭皮が冷たくなっているところがないように。

洗い足りない部分は冷たいはずです。

この場合も頭皮にトラブルのある方は軽くさする程度で、全体に泡を行き渡らせる程度でやめていいです。

■終わりましたら、よーくすすぎます。

 シャンプー剤が残ると頭皮や髪にダメージを与えるので、手をボール状に丸めてお湯を頭皮にためるようにしながら、かつ指の腹で髪を掻き分けながら擦るように充分にすすいでいきます。

とくに頭頂部付近、生え際は汚れが残りやすいので充分に。

もちろんシャワーヘッドは片手で持って、もう片方の手でお湯をためて捨てる、を繰り返すようにして残留物がないように。

ポイントは上向き・下向き両方で流すこと

■最後にトリートメントを毛先中心に、頭皮にはあまりつけないようにして塗布し、しっかりすすぎます。

しっかりすすいでもコンディショニング成分は髪に吸着してお湯では離れません。

これを毎日続けることで、頭皮はクリーンに、髪は健やかな状態が維持できます。

もちろん、ダメシャンプーを使ってこの手順をやったら頭皮はボロボロになります。

よかったら今後参考にしていただけたら幸いです(^O^)

ABOUT ME
渡辺 真一
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細