美容師向け

【美容師向け記事】脱毛治療の低用量経口ミノキシジルの安全性が論文で。

美容師向け記事ですね。

 

詳しく僕も分からないので調べてくださいね。

 

ではいきましょう

 

脱毛治療の低用量経口ミノキシジルの安全性を確認

抜け毛治療での低用量経口ミノキシジル治療の懸念である全身性副作用の潜在的リスクを検討した論文が2月24日、「Journal of the American Academy of Dermatology」オンラインに掲載された。

平均年齢43歳の脱毛症患者1404人(女性943人、男性461人)を対象とした後ろ向き多施設試験を実施した。患者のうち1065例で低用量経口ミノキシジルの用量を漸増し、解析可能症例として全2469例を含めた。

その結果、最も頻度の高い副作用は多毛症(15.1%)で、14例(0.5%)では治療が中止された。全身性の副作用は意識朦朧(1.7%)、体液貯留(1.3%)、頻脈(0.9%)、頭痛(0.4%)、眼窩周囲浮腫(0.3%)、不眠(0.2%)などで、29例(1.2%)が投薬中止に至った。致死性の副作用は認められなかった。低用量経口ミノキシジルは脱毛症治療として良好な安全性プロファイルを有し、全身性副作用の頻度は低いことが示された。

脱毛治療の低用量経口ミノキシジルの安全性を確認

脱毛治療に用いる低用量経口ミノキシジル(LDOM)の安全性について、多施設共同大規模コホートにおける研究結果が報告された。スペイン・Ramon y Cajal University HospitalのS. Vano-Galvan氏らが1,404例を対象とした検討の結果、全身性の有害事象はまれであり、有害事象のため治療を中止した患者は1.7%だった。結果を踏まえて著者は、「LDOMの安全性プロファイルは良好である」とまとめている。Journal of the American Academy of Dermatology誌オンライン版2021年2月24日号掲載の報告。

研究グループは、LDOMに関する主要な懸念は全身性の副作用であったことから、大規模患者コホートにおける安全性について検討した。脱毛症のタイプを問わず、治療としてLDOMを3ヵ月以上受けていた患者を対象に、レトロスペクティブな多施設共同研究を行った。

主な結果は以下のとおり。

・検討には、平均年齢43(範囲:8~86)歳の計1,404例の患者(女性943例・67.2%、男性461例・32.8%)が含まれた。
・LDOMは1,065例の患者に滴定投与され、分析可能なさまざまな症例2,469件が得られた。
・最も頻度の高い有害事象は多毛症(15.1%)であった。そのうち治療中止に至った患者は14例(0.5%)であった。
・全身性の有害事象は、立ちくらみ(1.7%)、体液貯留(1.3%)、頻脈(0.9%)、頭痛(0.4%)、眼窩周囲浮腫(0.3%)、不眠症(0.2%)などであった。これらのうち投薬の中止に至った患者は29例(1.2%)であった。
・生命に関わる悪影響は観察されなかった。

経口脱毛治療薬は安全か

 

Vano-Galvan S, et al. J Am Acad Dermatol. 2021 Feb 24. [Epub ahead of print]

 

まぁ副作用はあるけれど、生命に関わるほどではないということですね。

 

ちなみに恐らくですがミノキシジルは体内に摂取かと思われます。

頭皮に直接かけたところで・・・ね。。。

 

アメリカでも

発行年: 2020年
JST資料番号: T0111A  ISSN: 0011-9059  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)

抄録/ポイント:

抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

背景:局所ミノキシジルは,脱毛症を治療するため,ほぼ40年間使用されている。低用量経口ミノキシジルのオフラベル使用を支持する証拠が増加している。目的:すべてのタイプの脱毛症に対する経口ミノキシジルの使用を評価する系統的レビューを行う。【方法】1次文献検索を,探索用語「経口ミノキシジルAND(hair損失OR脱毛OR baldness)」を用いて,5月2019年にPubMedを使用して実施した。レビュー,非英語研究,および局所ミノキシジルに関する論文を除外した。結果:合計19,218人の患者(女性215人と男性19,003人)を含むレビューに10の論文を含めた。経口ミノキシジル用量は,1日2回から5mgの範囲であった。男性ホルモン性脱毛症と脱毛症(AA)は,客観的臨床改善を示す患者の61~100%と18~82.4%で,最も強い証拠が存在した。また,女性パターン毛髪損失,慢性テロゲニン,モニスリックス,および永久化学療法誘発脱毛症の成功した治療についても報告した。経口ミノキシジルによる最も一般的な副作用は,高栄養症と姿勢低血圧を含んだ。結論:経口ミノキシジルは,アンドロゲン脱毛症とAAの安全で成功した治療である。治療上の利点に加えて,局所ミノキシジルに対する実用的な利点は,患者のコンプライアンスの改善から生じている。Copyright 2020 Wiley Publishing Japan K.K. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】

アメリカでも昨年論文が発表されたようですね。

 

薄毛が気になる方はお薬を飲みましょう。

それが一番です。

 

ではでは。

ABOUT ME
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細