アメブロ時代の記事

エッセンシャルオイル(精油)の使い方


エッセンシャルオイル(精油)の使い方を載せますー(^^)


{E9DB5D66-82CC-4BAA-B888-0781A3C810A4:01}



お試しあれ!


    
1.ティッシュやコットンにたらす

ティッシュやコットン、またハンカチなどに、
エッセンシャルオイルを2〜3滴たらして、ゆっくり深呼吸してみてください。

外出中でも、香りを楽しめます。

ハンカチにたらす時は、
エッセンシャルオイルの色がハンカチにつくことがあるので、
柄や色の濃いところにたらすか、
エッセンシャルオイルをたらしたコットンなどをはさんで、
匂い移りさせてもいいでしょう。

またクローゼットの中に入れておくと、下着や洋服にも香りを移せますよ。






2.アロマカップ(カップにたらす)
 
使わなくなったマグカップなどに、熱湯を注いで、
エッセンシャルオイルを2〜3滴たらして、深呼吸してみましょう。

湯気に混じった、エッセンシャルオイルの香りが、
さらに良いにおいに、感じられることでしょう。

火傷をしないように、熱湯を扱うときは注意してくださいね。

そして、もちろん、絶対に飲まないでください!






3.アロマバス
 
入浴の際、ゆぶねにエッセンシャルオイルを2〜4滴たらして、
よくかき混ぜます。

お湯の温かさも相まって、リラックス効果がアップします。






4.足浴
  
足の疲れ・むくみ・冷えがきついときなどは、
足浴してみましょう。

大きめの洗面器に、
半分くらいの量のやや熱めの温度のお湯をはって、
エッセンシャルオイルを2〜3滴入れて、よくかき混ぜて、足をつけます。

足は、心臓から一番遠い場所にあるので、
どうしても血行が悪くなりがちです。

途中で1〜2度、差し湯(お湯をさらに入れて)すると、
温かい温度が続くので、
さらに血行も良くなって、足もすっきり軽くなります。






5.手浴

デスクワークなどで、
手や腕が疲れた時や、上半身の緊張、
また、気分的にも不安なときなどは、手浴してみましょう。

洗面器に、熱めのお湯をはって、
エッセンシャルオイルを1〜2滴入れて、よくかき混ぜて手を入れます。

お湯の温かさで、上半身のこわばりも緩んで、
香りで気分転換にもなります。






6.湿布

洗面器に熱湯をはって、
エッセンシャルオイルを2〜3滴入れて、軽くかき混ぜます。

その中へタオルを浸して絞ります。

(タオルの端を手で持ちながら、
 中央あたりにお湯がつかるようにすると、火傷せずにうまくできると思います。)

そのタオルを、凝りの気になる肩や腕、首に、
また疲れ目や頭痛のとき、閉じた目の上にしばらく置いておきましょう。

他にも、生理痛のときは、
お腹や腰にも置くと、痛みや鈍さが和らぎます。

湿布は、お湯だけではなく、冷たいお水でも同様に行えます。

夏の暑さで、ばて気味なときに、
首筋などに冷湿布をあてて、からだをリフレッシュさせましょう。

またお客様のおもてなしの、おしぼりとしても使えます。






7.花粉症や風邪の時に。

風邪や花粉症のときの、鼻づまりや鼻水などの時に、
マスクの端っこ(お顔に触れない場所)に、
エッセンシャルオイルを1滴、ちょこっとたらします。

ティッシュに、エッセンシャルオイルを、1滴たらしたものを折り畳んで、
マスクにはさんでもいいですよ。

お鼻がすーっとして、とっても過ごしやすくなります。

ABOUT ME
渡辺 真一
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細