おすすめ記事

カラーのクオリティを上げる(良い色にする)には積み重ねが大事。

好きなカラーの色味が分かってきたら、その系統のカラーを積み重ねることがクオリティを上げる秘訣

よくお客さんにカラーをしていますが、大体2パターンの方がいます。

  1. 同系色(寒色or暖色)でずっと染め続ける
  2. 季節や気分によって寒色・暖色を変えて染める

どっちが悪いとかそんなお話ではありません。

大体の方は、ある程度カラーをしてくると好きなカラー・似合うカラーを意識し始めるので、同系色で染め出しますね。

逆にカラーで遊びたい・気分一新するために寒色・暖色を使い分ける方もいます。

どっちがいい・悪いとかじゃないですよ。

ただ、前回のカラーの色素が残っているので、

  • 前回のカラーの色素を打ち消す
  • 前回のカラーの色素を利用する

どちらがダメージも少なく、クオリティが上がるかというお話です。

 

同系色を積み重ねるカラー

こちらのお客さん(高校の友達)は基本的に暖色系を続けました。

んで、前回のカラーがこちら

ビフォア

f:id:shinichi5:20150730111304j:image
この前に明るめのカッパー系にしているので褪色してきてもオレンジが強いですね。

んで、これをブラウンベースの暗めのカラーに。
アフター
f:id:shinichi5:20150730111335j:image
だいぶ落ち着きましたよね。
さ、今回は2ヶ月の期間が空いてのご来店。
どうなったのか。
ビフォア
f:id:shinichi5:20150730111359j:image
前回のカラー直後よりは落ちていますが、それでも落ち着いていますね。
ちなみに前回の褪色している髪と比べるとこんな感じ
f:id:shinichi5:20150730113956j:image
 褪色してきても全然違いますよね。
さて今回も暗めに。
すでにブラウンが残っているので、
アッシュとヴァイオレット・ピンクで更に落ち着いたカラーに。
アフター
f:id:shinichi5:20150730111417j:image
会心の出来。
前回、今回と比べてみましょう。

f:id:shinichi5:20150730112231j:plainクオリティが上がっていますね。

同系色でカラーを積み重ねることで、確実にカラーのクオリティは上がる

今回は暖色系でしたが、寒色系・外国人風のカラーも同じです。

前回のカラーの色素が髪には残っているので、同系色のカラーで染め続けると寒色系なら赤味がどんどん消えていきます。

1回のカラーである程度がんばることも出来ますが、髪にかかる負担が大きいです。

出来れば長期的なスパンでカラーを考えてあげることがダメージも少なく、クオリティも上がる秘訣になります。

ぜひお試しを。

ABOUT ME
渡辺 真一
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細

関連記事
お客様に聞かれる

【Sarahahで美容師に匿名で質問】黒染めして半年色が抜けてまた暗くしたい。再度暗くするのは難しい? もし可能ならどんな方法がある?

2018年5月7日
Liss 恵比寿【フリーランス美容師のみの美容室】代表 渡辺真一 髪を綺麗にする仕事。コンプレックス・お悩み相談
匿名でご質問できるSarahahからご質問いただきました! Sarahahってなにという方はこちらを マシュマロとうサービス …