おすすめ記事

髪の毛がヤンキーみたく『キンキン・キラキラ』してしまうのはなぜ?わかりやすく説明してみる。

ヘアカラーをしている方でよくお悩みになるのが・・・

 

お客様
お客様
髪の毛が『キンキン・キラキラ』しちゃう

 

ということ。

こういうことですよね。

IMG_3616

 

単純に言えば

 

退色したから

 

という理由なのですが・・・

 

もう少しわかりやすく説明していきたいと思います。

 

2019年10月2日マツエクサロン
《Liss Eyelash》new open

《Lissオリジナルヘアケア商品》

Liss恵比寿から待望のヘアケア商品を販売開始
・カラーをしている方
・縮毛矯正をしている方
・コテ・ストレートアイロンを使用する方
・ツヤが欲しい方etc.
におすすめです。
ネットからも購入可能です。
詳しくは↓の画像から

髪の毛の中では何が起きているの?

11

自作のこの図を使って、できる限りわかりやすく書いていく努力はしますw

 

まずはカラーの前の髪の状態。

髪の断面図だと思ってください。

1

は髪の色素

は栄養だと思ってください。

 

最初はこんな感じで髪の毛に入っていますよね。

 

で、カラーをしたらどうなるのか?

2

色素と栄養が抜けていきます。

 

ブリーチも普通のカラーも同じ原理です。

髪の色素を抜いて、同時に髪の栄養も抜けていきます。

 

 

色素と栄養が抜けた状態がこちらですね。

3

髪の内部にあったものがなくなり、髪が明るく見えます。

 

そして通常のカラーの場合は色素を抜く時に同時に色素を入れます。

※わかりやすく説明なので細かくは違いますが。

はカラー剤の色素です。

4

 

ブリーチは髪の内部の色素を抜くだけ

普通のカラーは髪の内部の色素を抜いて色素を入れます。

 

ここまでは分かりますよね?

 

では、退色してくるとどうなるのか?

 

ここからが本題。

 

カラー後は徐々に退色していきますよね。

そうすると髪の内部では

カラー剤の色素

トリートメントで入れた栄養

が抜けていきます。

5

 

カラーは絶対に退色していきますからね。

 

そうすると、どうなるのか?

 

6

残るのは本来の髪の色素と栄養

 

そしてもともと髪の色素と栄養があったはずの空洞

 

はい。

 

この空洞が光を反射させて『キンキン・キラキラ』させてしまいます。

 

 

もちろん、あまり明るくしていなければ空洞も少ないので『キンキン・キラキラ』せずにブラウン系に見えます。

 

つまり、色素と栄養が抜けているからヤンキーみたく『キンキン・キラキラ』してしまうわけです。

 

『キンキン・キラキラ』を防ぐ・直すには?

 

ここまで見た方には分かるでしょう。

 

単純です。

 

色素と栄養を入れればいい

 

それだけです。

 

つまり、カラーとトリートメントですね。

 

なくなってしまったのなら、擬似的に入れて作るしか方法はありません。

 

そして、退色を防ぐにはご自宅でのケアを見直す必要があります。

 

  • シャンプー
  • トリートメント
  • 乾かし方

それ以外にもこんなことに注意しなければなりません。

【ヘアカラーの色持ちを良くしたい人に】色によって褪色する原因が違う。

ヘアカラーをしたことのある人は褪色というのを体験したことがあるはず。

褪色とは、染めた髪の色が抜けてくることですね。

 

ぜひ参考にしてください。

 

そしてお困りならご相談ください。

 

ではでは。

ABOUT ME
渡辺 真一
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細

関連記事