ドライヤー・アイロン・コテ

自分でのブローは痛むかも?間違ったブローは枝毛・切れ毛の原因にも。

ご自宅でブローってしていますか?

 

ええ。

 

ブラシを使ったブローです。

 

うまくできていれば、髪もサラサラツヤツヤになりますよね?

 

ですが、間違ったブローの仕方をしていると枝毛・切れ毛の原因となります。

423c1b6a322813cad1f3a5e296f89751_s

ということで、今回はそのあたりを書いていきます。

 

正しいブローを簡単にご説明。

 

1・まずは簡単に根元付近はブラシを使わずに乾かします。

 

2・ある程度乾いてきたら根元からブラシを入れます。

 

3・毛先までブラシとドライヤーの熱を通します。

 

4・サラサラツヤツヤの素敵ヘアーに。

 

はい。

ざっっっくり簡単に書くとこんな感じですね。

 

ま、ブラシを使ったブローをする方には当たり前ですよね。

 

さて。

 

ここで気をつけなくてはいけないことがあります。

 

濡れた髪はダメージしやすいので、乱暴に扱わない

 

間違ったブロー。

 

それは・・・

 

濡れて絡まった髪を乱暴(雑)に梳かしてしまう

4c56c6c82b249bb9255b48c7de1f8fdc_s

はい。

間違いです。

 

 

髪を乾かす前の濡れている髪の毛って梳かしたくなりますよね?

 

その時に優しく・愛を持って・丁寧に梳かしてください。

 

同様に正しいブローの2の「ある程度乾いたらブラシを」の時も同じく優しく・愛を持って・丁寧に梳かしてください。

 

この2つの時に絡まっているからとガシガシ梳かしてしまうと枝毛・切れ毛の原因になります。

 

 

なぜ枝毛・切れ毛の原因になるのか?

 

濡れている時って非常に髪の毛はデリケートだということは他の記事でも何度も書いていますよね?

 

ガシガシ梳かすと枝毛・切れ毛の原因になる理由・・・

 

はい。図で説明しましょう。

 

濡れている髪の毛だと思ってください。

ああ

 

濡れている時は髪の毛は水分を含み、内部の結合が切れて柔らかくなります。

キューティクルも開いています。

 

濡れている髪の毛は引っ張ると伸びるんです。

あああ

 

さて、限界を超えるほど伸びた髪はどうなるのか?

 

考えたらわかりますよね?

ああああ

 

はい。

限界まで伸びると髪は切れます。

 

あああああ

 

切れた髪は切れ毛ですね。

その切れ毛から枝毛にもなります。

 

 

う〜ん。

図で説明するとわかりやすいですねw

 

と、いうことで・・・

 

濡れた髪をガシガシ梳かすのは絶対にNGです。

 

んじゃ、絡まっている髪はどうすればいいのか?

 

そうなりますよね。

絡まっている髪をどうすればいいの?と。。。

 

簡単です。

 

みなさんが今、この瞬間に使っているものを使います。

 

 

・・・

 

 

手ぐしです。

7b8ecd1ed3883ac2ebf733f16521996d_s

絡まっている場合、ブラシよりも粗い手ぐしでますは梳かしましょう。

 

その時も、ブチっと乱暴にはしてはいけません。

 

 

絡まっているのはダメージがあるからですよね?

その髪にさらにダメージを与えるのはNGですよ。

 

優しく手ぐしで梳かして乾かしましょう。

 

そして、ある程度乾いてきて、いい感じに手ぐしも通るようになってからブラシを使いましょう。

 

これだけで枝毛や切れ毛は増えづらくなります。

 

 

できる限り分かりやすく書きました。

 

ぜひ参考にしてくださいね!

ABOUT ME
渡辺 真一
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細