その他

髪は減点法でダメージしていく。電池で説明してみるパート1

髪は減点法でダメージする

 

このフレーズを見たり聞いたりしたことのある方もいますよね?

 

さて、そんなフレーズ。

 

分かりやすく書いていきましょう。

 

髪は減点法でダメージするってどういうこと?

 

まずはざっくり。

 

髪は皮膚と違ってターンオーバーといった自然治癒力はありません。

 

なのでダメージを受けると蓄積されていきます。

 

トリートメントで回復させることはできないのかという疑問ですが・・・

回復は不可能です。

 

しかし、ダメージの進行を抑えることはできます。

 

さて、もう少しわかりやすく説明していきます。

 

「髪は減点法」を電池で例えてみよう。

 

まずは髪の毛を電池で例えてみましょう。

 

多分わかりやすいと思いますのでぜひ最後まで。

 

電池と一言で言っても種類が色々ありますよね?

単三電池

単二電池

マンガン電池

アルカリ電池

メーカーが違う

などなど

 

同じように髪も同じではなく違っています。

 

人種によっても違えば・・・

あああ

 

同じ人種でも人それぞれですよね?

 

aaaaaaa

人それぞれということは、その人によってダメージの限界値が違うということ。

 

単一電池が単四電池と同じではないように

軟毛の人が剛毛の人と同じではありません。

 

生まれたばかりの元気な毛を電池で例えると

まずは生まれたばかりの毛。

1

元気いっぱいでダメージ知らずなので電池でいうと残量100%ですね。

 

ここからスタートです。

 

ダメージをしていく毛を電池で例えると

 

カラーやパーマ、縮毛矯正などの化学的なダメージや

シャンプーやドライヤー、コテ、ブラッシングなどの日常の物理的なダメージがありますが・・・

 

どれでもダメージはしますよね。

 

2

ダメージを受ければ受けるほど残量は減っていきます。

 

適当なイメージですが

カラー   −10%

パーマ   −10%

縮毛矯正  −35%

ブリーチ  −40%

シャンプー −0、25%

コテ    −0.25%

みたいな感じでどんどんダメージは蓄積されて残量は削れていきます。

※分かりやすく数値化しただけで、必ず上記と同じ数値でダメージしていくわけではありません。

 

3

残量が減るのは簡単ですね。

 

施術内容や日常的なこともダメージになっていきます。

 

トリートメントすると…電池で例えると

皆さんもトリートメントしますよね?

 

さて、トリートメントは髪を回復させると思っている方もいますが・・・

 

回復はしません。

 

なんだろう・・・。

 

イメージ的にはこんな感じです。

4

急速充電みたいな感じ??

 

一応栄養も入って回復した感じになりますが、ダメージを負うとその回復したものから(上の黄色の部分から)栄養が減っていくイメージですね。

※本当は違うけど

 

なので、トリートメントをしてその後日常で35%のダメージを負ったとしたら

 

5

 

通常よりもダメージを受けづらくなるイメージです。

 

※何度でも言いますが、これはイメージであって本当は違います。

 

 

さて・・・。

話が長くなってきたので続きは明日にしますね。

 

次回は

ホームケアをした場合

ダメージが100%超えた場合

といった辺りを同じように電池で例えます。

 

お楽しみに。

 

髪は減点法でダメージしていく。電池で説明してみるパート2

昨日の続きでございます。

髪は減点法でダメージする

それを分かりやすくなるかなと思って電池で例えて説明しています。

ABOUT ME
渡辺 真一
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細