お客様スタイル

1年間染め続けた赤髪スタッフをブリーチサプリメント使用ダブルカラーでアッシュブラウンに。

先日、スタッフのカラーをお願いされました。

 

ビフォア

IMG_6340

 

いつも赤系で染めているスタッフ。

 

 

かれこれ1年近く赤系を染め続けています。

 

1年染め続けると、退色してきても赤ですね。

IMG_6341

 

さて、そんなスタッフからまさかのオーダー

 

赤髪スタッフ
赤髪スタッフ

赤髪が嫌になった!

ほんのりアッシュ系に染めて!

 

・・・

 

 

難易度高めです。

 

退色してきてもこれだけ赤い髪から赤みを消すというのは結構難易度高めです。

 

ダブルカラーで赤みを消す作戦に

 

どう考えても1度のカラーで赤みを消すことは不可能だと感じました。

 

なので、ダブルカラーで赤みを消す作戦に出ます。

 

明るくしたいけど、キンキンは嫌

というオーダーもいただきましたので、

ブリーチサプリメントを使用してダメージを減らし、キンキンにならないように。

 

『ダメージ95%軽減。ブリーチサプリメント』をスタッフで人体実験してみた

今更な気もしますが・・・

ブリーチサプリメントを試してみました。

とはいうものの、実は以前も使ったことはあるの…

 

※ブリーチサプリメントはダメージを軽減しますが、リフト力(明るくする力)も弱くなります。

 

 

ということで

 

ブリーチサプリメントでダブルカラー

 

ブリーチにブリーチサプリメントを配合してダメージを減らしながら赤みを消します。

IMG_6170-768x1024

 

〜20分後〜

 

ブリーチサプリメントは通常のブリーチよりも明るくなるのが遅いので、20分〜30分の時間を置きます。

 

IMG_6342

 

だいぶ赤みが消えたので、一度流します。

 

流した後

IMG_6343

 

最初よりは赤みが消えましたね。

 

IMG_6344

さて、この状態から・・・

 

今度はブリーチではなく普通のカラーで赤みを消す作業に入ります。

 

ここにも書いていますが

【保存版】ヘアカラーは補色を使って自在に。補色(反対色)で赤味のある髪も黄色みのある髪も綺麗に染められる。

ヘアカラーをされる方は聞いたことがあるかもしれない言葉

「補色」

けど、補色って聞いたことあるけど、いまいちよくわからない…

赤みを消すためには補色(反対色)の緑が必要不可欠となります。

 

秘密の配合で染めていきます。

IMG_6345

 

ちなみに6種類のカラー剤を配合。

 

IMG_6346

 

時間をおいてチェック。

 

IMG_6347

 

う〜ん。

 

まぁまぁ良い感じになってるかな?

 

ということで、シャンプーです。

 

 

アフター

 

IMG_6348

濡れていると全くわかりません。

 

少し赤髪が顔を出しているようにも見えますw

 

 

乾かしましょう。

 

IMG_6349

 

おお。

 

だいぶ良いのではないでしょうか?

 

IMG_6351

 

赤みはかなり消えて、ほんのりアッシュなアッシュブラウンになりました!

 

画像よりももう少しアッシュっぽいです。

 

比べてみましょう。

IMG_6355

 

うん。

 

IMG_6357

 

かなり赤みは消えましたね。

 

1年間染め続けた赤はかなり内部まで浸透しているので、もしかしたら退色してきた時にまた赤が出てくるかもしれません。

 

その場合は、今度はダブルカラーせずに通常のカラーのみで染めていけば徐々に赤みは消えていきます。

 

ブリーチサプリメントなので退色してきてもキンキンになりません。

 

 

 

ぜひご参考にしてください。

ABOUT ME
渡辺 真一
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細