お客様スタイル

【美容師さんがカラーを作る時に考えていること】僕はカラー剤の配合比率って計ってないですがレシピってこんな感じ?

あなたに合わせたヘアカラーを提案します!!

 

なんてよくある謳い文句ですが・・・

 

実際に美容師さんがどんな感じでカラー剤を配合しているのかを試しに書いてみたいと思います。

 

お客様スタイル。

ってことで・・・

 

ビフォア

ちょっとオレンジ味があり、黄色みが強い髪。

 

お客様
お客様

赤み・黄色味は嫌。

染めたばかりは暗くて良いし、ちょっと緑っぽくても良いから濃いめで!

 

ってことで、カラー剤の配合。

 

たまにはレシピを書いてみると・・・

今回は

  • ミントアッシュ
  • プラチナ
  • ブルー
  • ラベンダー
  • グリーン

の計5色を配合です。

これが1剤。

 

2剤は4.5%

毛先はクリアで薄めて。

 

一応配合比率が多い順ですが、基本的に〇:〇みたいな比率は計らずに感覚で配合する美容師です。

 

あ、けどきちんと計っている美容師さんが多いですよ??w

 

けどね、毎回ベースの髪の状態って違うじゃないですか?

同じお客様に前回と同じ配合でカラーしても全く同じ色にはならないですよね。

※残留ティント(前回のカラーで残っている色素)やダメージ具合などによって微妙に変わってくるので

 

なので、基本は1剤と2剤の量しか計りません。

 

あ、リタッチ(根本のカラー)の場合は全く同じ比率で配合しますが。

 

で、仕上がりはと。

 

アフター

うん。

綺麗。

 

レシピの考え方としては・・・

ミントアッシュ

メインのベース

プラチナ

第2のベース

ブルー

濃いアッシュ感を出すため

ラベンダー

黄ばみを消すための補色

グリーン

少しある赤みを消すための補色

 

暗くしたいけど、彩度もしっかり出したいので4.5%

冬も終わって春なので、暗すぎるよりちょい明るさほしいので。

 

ベースの状態が黄色味が強いのでラベンダー。

もし赤みが強ければグリーンを多く入れます。

 

ベースのミントアッシュの彩度が弱ければブルーを多めに。

 

暗くしなくて良いなら5%とか6%とか。

暗くても良いから色持ちを優先させるなら2.8%とか3%とか

 

みたいな感じです。

比率は教えないのではなく、わからないのです。

 

果たして需要があるのか分かりませんが。。。

美容師さんはこんな感じでカラーの配合を考えています。

 

もちろん、たまにはアッシュ単品で染める場合もありますが、ベースの髪の状態や求める色味などによるので、ほぼ僕は3〜5種類くらいのカラー剤を混ぜます。

 

ようは一人ひとりカラー剤の配合は変えますし、美容師さんによっても配合が変わります。

 

参考程度にね。

[twenty20 img1=”13043″ img2=”13045″ offset=”0.5″]

 

ではでは〜。

ABOUT ME
渡辺 真一
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細