カラー

【美容師の自由研究(検証実験)】ヘアカラーの2剤のOX(オキシ)で6%・3%(本当は2.8%)で色の入り方が違うのか?

ヘアカラー大好き美容師です。

 

ブリーチ職人ではない美容師です。

 

さて、今回の実験。

 

ヘアカラーの2剤、OXの%の違いで色の入り方は違うのか?

まぁ、美容師さんならなんとなく結果は分かると思いますが。

 

一般の方にも分かりやすくざっくり書くと・・・

  • ヘアカラーは1剤・2剤を混ぜて作る
  • 1剤が色や明るさ
  • 2剤が髪を明るくする力

 

という感じです。

厳密には語弊がありますが、気にしない。

 

そして、2剤と呼ばれるものがOX(オキシー)です。

 

OXにも種類(強さの違い)があり

  • 6%
  • 4.5%
  • 3%
  • 2.8%
  • 1.8%

といった感じで数字が大きいほど明るくなる力があります。

 

逆に、数字が小さければ明るくなる力は少なく、ダメージレスで色味だけ入れるという感じです。

 

今回は、6%と2.8%を実際に同じように染めて色のが入り方が違うのかを検証します。

 

準備

前回使ったこちらの毛束と同じものを使用。

前回の実験では6%でカラーしているので、今回は3%のみ染めます。

6%は前回のを使いまわします。

 

あ、ちなみに前回の実験と同日のことです。

なので、6%の方は退色などはしていません。

 

検証方法

プロマスターのアッシュ9/8を使います。

6%も同じもので染めています。

放置時間は同じく10分

 

全く同じ条件で染めて、OXの濃度の違いのみで色が変わるのかを実験します。

 

予想

まぁ、予想することもないくらいですが・・・

2.8%の方が濃く入るでしょう。

 

ただ、10分しか時間を置かないので、すごく違うというわけではなさそう。

 

放置時間が15〜25分なら2.8%の方がより濃く入るはず。

 

美容師の自由研究スタート

というわけで、2剤のOXを2.8%で塗っていきます。

サクサクいきます。

ここから10分間ラップ無しで放置。

 

完全に6%の時と同じ状態です。

 

〜5分後〜

意外と5分でも色が入ってきていますね。

 

このまま残り5分置きましょう。

 

 

〜10分後〜

はい、約束の10分です。

いい感じです。

 

流して見てみましょう。

 

2.8%で染めたアッシュが濡れた状態がこちら

うん。

普通w

 

乾かします。

 

2.8%で染めたアッシュが乾いた状態がこちら

ま、よく分からないので・・・

今回の趣旨

6%で染めたアッシュと比べてみましょう!!

 

左が6%で染めたアッシュ

右が2.8%で染めたアッシュ

比べると分かりますね!!

 

光を変えてもう一度

若干ではありますが、右(2.8%)の方が濃く入っています。

 

検証結果

ヘアカラーの2剤(OX)は6%よりも2.8%の方がダメージレスで色が濃く入る

 

逆に言えば、淡い色・鮮やかな発色を求める場合は6%の方が良いということです。

 

まぁ、予想通りでしたねw

 

以上で、今回の実験はおしまいです。

 

ではでは。

ABOUT ME
渡辺 真一
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細