お客様に聞かれる

自分ではダメージしていると思っても、美容師さんにはそんなことないと言われる髪の毛のダメージについて

先日、お客様とお話をしていて思ったことです。

 

お客様
お客様
髪のダメージが気になるんです・・・
お客様
お客様
美容師さんには「そんなことないよ〜」といつも言われるんですが、気になるんです。

 

そう言われて髪の毛を触ってみましたが、5段階のダメージレベルで考えると2段階目くらいのダメージレベル。

 

《Lissオリジナルヘアケア商品》

Liss恵比寿から待望のヘアケア商品を販売開始
・カラーをしている方
・縮毛矯正をしている方
・コテ・ストレートアイロンを使用する方
・ツヤが欲しい方etc.
におすすめです。
ネットからも購入可能です。
詳しくは↓の画像から

美容師さんとお客様でダメージレベルの感じ方が違うのはなぜ?

同じように思う方もいるでしょう。

 

自分的にはダメージが気になるけれど、美容師さんに言うと

美容師さん
美容師さん
そんなことないよ〜

と言われる方。

 

美容師さんは何千、何万人と髪の毛を触ってきているので、もっともっとひどいダメージの方を知っているので、比べると全然大丈夫となります。

 

ですが、お客様は自分の髪しか触りませんよね?

美容師さんと違って、自分以外の髪を触る機会はほぼ皆無です。

 

比べるモノが自分自身の髪しかありません。

 

他の方の髪を触ることがないので、他の方のダメージレベルと比べられません。

 

なので、他の方のと比べるとダメージはそんなに負っていなくても、自分自身の中では過去最大にダメージしているというケースもありますよね。

 

 

逆もまた有り得ます。

 

髪のダメージをかなり負っている方でも、過去の自分の髪しか比べるものがないので、そんなにダメージを負っていないと思う方も。

 

そういったことで、自分自身と美容師さんとの間でダメージレベルの感じ方の差は出てきます。

 

どちらにせよ、髪にダメージを極力与えないように

美容師さんは施術内容を

お客様はご自宅での髪の扱いを

しっかりと見直す必要がありますよね。

 

髪のダメージには必ず原因があります。

 

  • 薬剤によるダメージ(カラー剤など)なのか
  • 物理的なダメージ(カットやブラッシングなど)なのか
  • 熱によるダメージ(コテ・ストレートアイロンなど)なのか
  • 扱い方によるダメージ(乾かしてないなど)なのか

 

きちんとダメージの原因を知ることで、ダメージしないように対応することが出来ます。

 

ぜひご参考までに。

ABOUT ME
渡辺 真一
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細

関連記事