カット

【前髪なしから前髪ありに】前髪を作る時は生えグセ等があるので、2回に分けて作ったほうが良いという自論

先日お客様で前髪なしから前髪ありにイメチェンした方がいたわけです。

 

正直、一大決心ですよね。

 

前髪切ってしまったら伸びるまで数年かかりますし。

 

確固たる意志がなく、悩んでいる場合は前髪を作らないことをオススメします。

切るのはいつでも出来ますからね。

 

さて、今回の自論です。

 

前髪なしから前髪ありに前髪を作る時は、2回に分けて作ったほうが良い

 

ただの自論です。

 

だれもそんなこと言ってないと思いますが・・・

 

分かりやすく先に簡単に自論を説明すると・・・

1回目

ある程度のところで少し狭め、薄めの前髪を作る

 

数日後(数ヶ月後)

 

2回目

生えグセやお客様自身の乾かし方などを見ながら前髪を広く厚くする

 

といった感じです。

 

1回(1日)では完璧な前髪が作れないと思う理由

理由は簡単です。

僕達美容師が乾かした前髪の落ちる位置と

お客様ご自身で乾かした前髪の落ちる位置が

ほぼ大半違うから

です。

 

大事なところです。

 

図で書いたら分かりやすいかと思って書いてみたんですが・・・

とりあえずヤバイ画像になりました

気にしません。

なので気にしないでください。

人の顔を正面から見た図だと思って下さい。

赤い部分が基本的な前髪の部分

青い部分が前髪が落ちる位置

とざっくり仮定しましょう。(本当は違う)

 

美容師さんが前髪なしから前髪ありにする場合は、一度根元のクセを濡らしてフラットな状態に乾かして切ります。

 

で、切った後にお客様ご自身でご自宅で乾かした時に、下の図のように

前髪の落ちる位置が違い、前髪が広くなってしまう場合があります。

それは、生えグセだったり、乾かし方で変わってきます。

 

もしくは、下の図のように

厚めで作った前髪の落ちる位置が違い、薄くなってしまう場合があります。

 

こればっかりは、自分で乾かしてみないとなんとも言えませんよね。

可能な限り僕達美容師もがんばりますが、お客様ご自身で乾かした時と全く同じになることは不可能に近いですよね。

 

なので、前髪なしから前髪ありに前髪を作る時

一度気持ちだけ薄め・狭めに作っておき

次回ご来店時に生えグセ・乾かし方を見ながら調整をする

ということを僕はオススメします。

 

間違えて余計な部分も切ってしまうと、その部分を伸ばすために数年かかりますからね。

 

残念な図でしたが、ぜひご参考にして下さい。

ABOUT ME
渡辺 真一
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細