美容師向け

【美容師向け記事】実労働売上高ってなに?今後は重要視して行くほうが良いですよね。

美容師向け記事の日です。

 

前回の続き。

【美容師向け記事】一人生産性とは?ざっくりな解説と今後は実労働時間が大切なんだろうなと。

2018年初の美容師向け記事の日です。

年末に書いていた「一人生産性」のお話でもしようかと思いますよ。

お客様は戻るボ…

 

今日は

実労働売上高

についてですね。

 

実労働売上高とは?

まぁ呼んで字の如くです。

実際に労働した時間と売上のお話。

 

売上÷実労働時間=実労働売上高

ですね。

 

営業時間ではなく、実際に施術していた時間ですね。

 

例えば1ヶ月で・・・

売上100万円

実労働時間時間80時間

の場合は

100万÷80時間=1万5千円

1時間1万5千円の実労働売上高となります。

 

ここには客数が関係ないので、単価とはまた違ってきます。

 

そりゃ、高ければ高いほどよいでしょうね。

 

 

なぜ実労働売上高が今後重要視されていくのか?

というお話になると思いますが・・・

 

単純に

今までとは美容師の働き方が変わってくるから

ってことですよね。

 

いやほんと、今は時代が変わっていく真っ只中ですよね。

 

フリーランス化が増えてますし

正社員でも空いた時間は自由にしていてよいサロンもありますし

副業なんてのも増えてますしね。

 

美容師が美容師だけでしか生きていかない時代は終わりそうですね。

 

もちろん、美容師一本で今後も生きていくというのは無くなりません。

 

多様化って言ったらかっこいいけど、空いている時間を上手く利用して稼いでいくということが出来る美容師さんが増えるでしょうね。

 

セミナーや塾は然り

FXなども

アクセサリー作ってネット販売もありますし

HP作成や

アフェリエイト収益なんてのも。

 

空いた時間をお金にしようとしたらなんでも出来ますしね。

 

で、そうなった場合は実労働売上高って重要視されていきますよね。

 

手が空くから副業をする

ではなく

手を空けて副業をする

 

ようは、美容師としての仕事以外の時間を作るようにしていくわけで。

 

お客様のご予約の誘導や施術時間の短縮、お客様の掛け持ちなどで手の空く時間を作り、副業をする。

 

そうすれば自ずと実労働売上高は上がり、それ以外の時間での副業の収益も上がる。

 

ってことですね。

 

ぜひ一度、計算してみて下さい。

 

ではでは。

ABOUT ME
渡辺 真一
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細