IT・PC

【美容師向け記事】CLOUDSIGN(クラウドサイン)使用して業務委託契約書を作ると収入印紙代が必要ないので1人辺り8,000円の経費削減に

美容師向け記事の日です。

 

今回は美容師向けというか、経営者向けかもしれませんね。

 

一般の方は・・・

まぁこの記事は見ても見なくてもどちらでも大丈夫です。

 

さて、今回は・・・

 

業務委託契約書を使っているサロン契約書向けです。

 

店舗が多く業務委託スタッフが多いサロンは100万以上経費削減になるでしょう。

 

僕ももっと前から知っていればと思っています。

 

業務委託契約書の収入印紙代は?

今は業務委託サロン多いですよね。

 

基本美容師が結ぶ業務委託契約書は7号文書になるので収入印紙が4000円分かかります。

 

ついで、甲・乙分2枚なので8000円の収入印紙。

 

誰が払うねんって基本はサロン側。

 

たまにスタッフが4000円分払うところも。

 

とまぁ1人と業務委託契約結ぶのに8000円かかるわけなのですが・・・

 

この8000円の収入印紙が必要なくなる方法があります。

 

ということは?

 

10人のスタッフと業務委託契約を結ぶサロンは

8万円の経費削減

 

130人のスタッフと業務委託契約を結ぶサロンは

100万以上の経費削減に

 

とはいっても、一度結べば毎年収入印紙がかかるわけではないのですが。

 

それでも、1人分の8000円あればカラー剤いっぱい買えますしね。

 

CLOUDSIGN(クラウドサイン)を使用すると収入印紙が必要ない

CLOUDSIGN(クラウドサイン)

 

いや〜。

前から存在は知っていたし

先方がこれを使用して契約書を結んだこともあるのですが

なぜ最初から使わなかったのか後悔です。

 

例えば僕のような小さなお店(個人事業主程度)なら無料で使用できるでしょう。

月に10件までなら契約書無料

 

請求書も作れますが、必要ないかと。

請求書は印刷すれば購入する必要ないので。

印刷したものに書いてもらうほうが手軽ですよね。

 

で、業務委託契約書を毎月10個結ぶかと言ったら・・・なかなか無いかなと思うので、ほぼ無料で使用できます。

 

月に10人と業務委託契約を結ぶってかなり大きなサロン経営していないとないですもんね。

 

クラウドサインだとなぜ収入印紙が必要ない?

これはサクッと書いてあるのを見てみましょう。

すっっっごい言い方を悪くすると、法の抜け道。

いや、ただ明記されていないから問題ないということですが。

 

色々と調べても問題ないので安心です。

 

クラウドサインの使い方は簡単なので割愛

これはPC使えれば簡単なので割愛します。

 

PDFファイルをアップロードしましょう。

なんやかんやして相手に送ると

 

相手にはこう表示されます。

記入するべきところを記入します。

 

で、クラウドサインを使用するとこんな感じに。

これは請求書ですが、業務委託契約書でも使用できます。

 

押印はクラウドで

なんだか信用できないような気もしますよね?

 

全く問題ありませんのでご安心を。

 

面倒臭い感じはありますよね。

 

ですが、これで業務委託契約書を結ぶと1人辺り8000円の経費削減に。

 

 

あ〜・・・・

 

うちの場合ならそれだけで

3万2千円の経費削減に。

 

くっそ。

もっと早く知っていればよかった。

 

例えば

アグ

クロエ

オーブ

とかならかなり経費削減できますよね。

 

まぁ、逆に経費使いたいのかもしれませんが。

 

業務委託契約書を結ぶサロンはぜひ参考にして下さい。

ABOUT ME
渡辺 真一
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細

関連記事