ブログ

顔のシミを取るハイドロキノンに変わる新しい美白剤?海外のお話。

少し美容と関係あるお話です。

 

シミを取りたい方って多いですよね。

 

レーザーでシミ取りしたり

クリーム塗ったり。

 

さて、そんなシミ取りの新しい情報です。

 

ハイドロキノンに変わる美白剤

ハイドロキノンに代わる新しい美白剤の試験結果が10月23日、「Journal of cosmetic dermatology」オンラインに掲載された。

自然界にも存在し、シミの原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きで美白化粧品に配合されているハイドロキノンは安定性が悪く、また皮膚への浸透性も高くないなどの使用上の不便さなどから代替品が求められている。今回の研究では、Gem-ジフルオロ化合物族からの新しい美白剤TFC-1067をハイドロキノンと比較し、顔の色素異常を軽減するための忍容性と有効性の両方を評価した。

軽~中等度の顔の色素異常を伴う25~70歳の女性48人を試験対象者とした。全対象者は妊娠またはその可能性がなく、皮膚タイプI~IVの48人だった。試験製品のTFC-1067または2%ハイドロキノンクリームのいずれかのグループに無作為化して顔面への塗布を行った。対象者と治験責任医師による忍容性と有効性の評価は、ベースライン、4週目、8週目、12週目に行われた。

その結果、TFC-1067と2%ハイドロキノンは、8週間の使用後に統計的に有意な美白をもたらしたが、正常部分の肌も明るくしたのはハイドロキノンのみだった。この傾向は12週目まで続き、両グループとも色素異常部分の皮膚を大幅に改善し、ハイドロキノンは正常部分の皮膚も明るくしました。研究者らはハイドロキノンによる正常な肌への効果を「これは必ずしも望ましいとは限らない」としている。

ハイドロキノンに代わる美白剤の開発

とのこと。

 

 

新しい美白剤TFC-1067とハイドロキノン2%のクリームで検証したようですね。

 

TFC-1067と2%ハイドロキノンは、8週間の使用後に統計的に有意な美白をもたらした

 

12週目まで続き、両グループとも色素異常部分の皮膚を大幅に改善

 

と、ハイドロキノンもTFC-1067も効果があったようですね。

 

ただし、問題点は・・・

 

正常部分の肌も明るくしたのはハイドロキノンのみだった。

ということですよね。

 

これに関して、研究者らは

 

ハイドロキノンによる正常な肌への効果を「これは必ずしも望ましいとは限らない」としている。

そうですよね。

 

色素沈着している部分のみに作用するわけではなく、それ以外の正常な肌まで明るくしたということは、

単純にシミの部分以外に絶対にはみ出して塗ってはいけないということですしね。

 

ハイドロキノンに関しては、アレルギーなどもあるので使用できる方も限られますし。

 

新しい美白剤はアレルギーがあるのかどうかも気になりますよね。

 

まぁ、海外のお話なので、製品化したとしても日本ですぐに取り扱い出来るのかどうかは謎です。

 

副作用もなく、アレルギーもなく、安全で、シミ取りができる時代が来ると良いですよね。

 

楽しみです。

 

ABOUT ME
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細