個人事業主を目指す人へ

【フリーランス美容師向け】7月になったので、国民年金の免除に行きましょう!!

7月・繁忙月

お忙しくしている方も多いのでしょうか。

 

僕は今のところ相も変わらず通常通り。

後半が忙しくなるのかなと思っています。

 

そんなことはどうでもよくて。

 

国民年金って払いたくないですよね?

 

これが本題。

 

僕達が貰う頃には、いくら貰えるのやら・・・

 

なんなら、国民年金という制度があるのか・・・

 

 

まぁ〜!!

ぶっちゃけ払いたくない!!!

 

ですが、払わないと催促が来ますからね。

 

そんなこと言って僕はしっかりと払っています。

 

ここからが本当の本題。

 

フリーランス美容師さんの場合、国民年金が免除になるかも?

正社員の方は多分無理なのですが・・・

 

フリーランス美容師酸の場合は国民年金が免除になるかもしれません。

 

詳しくは国民年金を調べてほしいのですが・・・

 

 

僕が知っているのは2つ。

 

1つは正社員を辞め、雇用保険被保険者離職証明書を前職場でもらいい、フリーランスになることで最大2年間免除方法

個人事業主になるためにー5

今回はこちら

国民年金保険料・免除制度

です!

まぁー

詳しくはわかっていないのですがw

「保険料を納めることが…

 

もう1つは、去年の確定申告の所得が低い場合です。

今回はそちらの場合。

 

やり方は簡単です。

年金機構か、区役所にいけば簡単に手続きできます。

 

僕は区役所に行き・・・

なんたら年金課へ。

んで、国民年金係へ。

年金の免除申請をしたい

と伝えれて、年金手帳を提出すれば、あとは適応されるかどうか調べてくれます。

ちなみに年金手帳なくても大丈夫。

 

んで、僕は保険料免除・納付猶予申告書を書いておしまいでした。

ものの5分。

 

ちなみに僕は今回、7月から来年6月まで1年間全額免除です。

 

なぜなら、Lissを出したことで所得がほぼないので。

きちんと税理士さんにやってもらっての結果です。

2)保険料免除・納付猶予の所得の基準

  1. 全額免除
    前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
    (扶養親族等の数+1)×35万円+22万円
  2. 4分の3免除
    前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
    78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
  3. 半額免除
    前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
    118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
  4. 4分の1免除
    前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
    158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
  5. 納付猶予制度
    前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
    (扶養親族等の数+1)×35万円+22万円

上記「扶養親族等控除額」「社会保険料控除額等」は、年末調整・確定申告で申告された金額です。源泉徴収票・確定申告控等でご確認ください。
(注)地方税法に定める障害者及び寡婦の場合、基準額が変わります。詳しくは、お手続きの際に、お問合せください。

http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20150428.html

全額免除なのに申請することで、半分納めたという形になります。

 

たったの手続き一つで。

 

フリーランスの美容師さん。

 

知らないともったいないですね。

 

ぜひご参考に。

 
おすすめはこちらの弥生の青色申告ソフトですね。



 

ABOUT ME
渡辺 真一
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細