美容師向け

【美容師向け記事】PR・バレイヤージュボードとブラシ2本セットを頂いたので使ってみた使用感とオススメ具合

美容師向け記事の日。

只今、18時。

 

やっべ今日ブログ書いてないと思っていそいそと書き出したことはナイショ。

 

さてさて。

 

以前より気になっていた商品。

バレイヤージュボードとブラシ

 

欲しくても以前は購入できなかったので自作してみたことも。

スパチュラ・カラーパネルが欲しくなって、とりあえず自作してみた。

タイトル通りなのですが・・・

欲求というのはいつ何時どんなタイミングで来るか分かりません。

欲しくなりました。

 

意外と使用していたので、バレイヤージュボード買おうかと思ってました。

 

で、ありがたいことに販売元からご連絡いただき

販売元
販売元
欲しいならあげるよ?

その代わりにブログに書いてね?

あ、忌憚ない意見でいいよ

と仰っていただきました。

 

ってことで、PR・・・もとい正直な感想書きましょう。

 

忌憚ない意見でいいと言われたなら、僕は正直に書きます。

やらせ?クソくらえです。

 

 

さて。

アマゾンから届きました。

開けてみましょう。

 

中身は3点セット。

バレイヤージュボードとハケ

 

ほしかったんですよね〜。

持ち手もちょうど良き。

表面はザラザラになっていて、多分髪がすべらないように。

後ろはつるつるです。

このカラーリストや海外の美容師さんが使っている縦のハケも欲しかったんですよね〜。

しかも、2種類もついてくる。

 

このバレイヤージュボードとハケを駆使して

こんなふうに直でバレイヤージュやハイライトを塗ったり

このようにホイルを載せった上から塗ったりします。

 

以前作ったものと比べて・・・

・・・

 

 

・・・・・・・

 

捨てました。

ガチで捨てました。

 

(なんだよあのぶっさいくなまな板みたいなの)

 

さて、僕の手元にはハイライト&バレイヤージュをする道具が揃いました。

なんかぜんぶ黒でめっちゃかっこよくないですか?

ガハラさんの文房具みたい。

すっご持ちにくいけど。

 

ハイライトコームはこちら。

まぁ、ぶっちゃけ・・・

ハイライトコームって1回使ったらもう使わないですよねwww

 

安いので買って使ってみれば分かりますwww

 

で・・・

 

実際にバレイヤージュボードと縦のハケを使ってみた

 

では実際に使ってみました。

 

ハイライトを縦のハケで塗ってみる

ふむふむ。

うん。

 

使用感としては、普通のハケよりも力が入りやすいかなと。

 

多分、普通のハケは横から力を入れるけど、縦の場合はそのままダイレクトに力が分散されないのかと。

 

がしかし塗りづらい。

 

では今度は・・・

バレイヤージュボードと縦のハケでハイライトを塗ってみる

今度はホイルの下にバレイヤージュボードを使ってみます。

ハイライト部分を少し塗ってから

下に置きます。

で、この状態で塗ります。

・・・・

 

あ、これいい

 

ホイルを手で持つよりも、バレイヤージュボードの上から塗ることで、めっちゃ塗りやすい

しかも縦のハケがしっかりと力が入るから、毛束の奥まで塗れます。

 

で、縦のハケを使うことで、毛先を丸め込みやすく、更に普通のハケのクシ部分が無いので、引っかかりません。

 

たまにあると思いますが、普通のハケで塗るとクシ部分に引っかかったりしますよね?

 

それがないからめっちゃ使いやすいです。

 

難しい所

まぁ、これは僕だけかもですが・・・

 

普通に塗ったらこう持っていたわけです。

日本人ですから、箸とか鉛筆持つ要領でね。

 

そしたらね。

 

ペンだこできるところが痛かった

 

ほら、このご時世、ペン持つことがあまりないので・・・

 

力が入りやすい分、中指にも力が入り痛い。

 

持ち方を変えれば解決です。

こんな風に持てば痛くないです。

それ以外は、まったくもって使いやすい。

 

中々壊れるものでもないので、オススメですね。

 

もちろん、ハイライトやバレイヤージュをしない方には一切必要がない道具ですが。

 

 

ぜひご参考までに。

 

ABOUT ME
渡辺 真一
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細

関連記事