美容師向け

【美容室向け記事】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法

火曜日なので美容室向け記事の日です。

 

ワクチン1回目打ちましたが、腕が痛いくらいです。

 

さて、話を続けましょう。

 

2022年4月1日施行の改正個人情報保護法

大事な法律が変わりますね。

 

さて、大事な大事なところ。

 

分かりやすいサイトを抜粋。

 

ポイント2. 事業者の責務が追加

・漏えい時の報告義務

現行では、個人データの漏えい時に個人情報保護委員会に報告する法的義務はなく、各企業に委ねる形となっていました。しかし、海外ではすでに義務となっている国が多いことから、今回日本でも法的措置が取られることとなりました。

また漏えい等が発生した際、個人情報取扱事業者は本人へ通知する義務も課せられます。

個人情報保護委員会への報告は、速報(30日以内に行う)と確報(速報から30日以内に行う)の二段階に分けて実施される流れとなっています。

・不適正な利用の禁止

今回の改正で、違法な行為を助長する可能性があるまたは誘発する場合は、個人情報の利用を禁止することができるようになります。現行では、このような不適正な利用を規制する規定はありません。

2022年4月施行の改正個人情報保護法、6つのポイントとは?

 

ポイント5. ペナルティの強化

新法では、措置命令・報告義務違反の罰則について法定刑が引き上げられました。

現行改正後
措置命令(42条2項、3項)の違反
6か月以下の懲役又は30 万円以下の罰金
⇒1年以下の懲役又は100 万円以下の罰金
報告義務(40条)違反
30 万円以下の罰金
⇒50 万円以下の罰金

さらに、法人に対する法定刑も新設され、違反した場合は最高で1億円以下の罰金が課せられます。

2022年4月施行の改正個人情報保護法、6つのポイントとは?

 

法人に関してはこちら。

旧法│法人への罰則は、それぞれ以下のとおりであった。
・措置命令(42条2項、3項)の違反の罰則:30万円以下の罰金
・個人情報データベース等の不正流用:50万円以下の罰金
・報告義務(40条)違反の罰則:30万円以下の罰則
新法│それぞれ以下のとおり強化された。
・措置命令(42条2項、3項)違反の罰則:1億円以下の罰金
・個人情報データベース等の不正流用:1億円以下の罰金
・報告義務(40条)違反の罰則:50万円の罰則

【2022年4月施行】
個人情報保護法改正とは?改正点を解説!
(新旧対照表つき)

いちおくえん。。。。

 

対策できることはセキュリティを高めることですよね。

 

業者(NTTとか)にお願いしましょう。

 

ぜひご参考に。

ABOUT ME
渡辺 真一
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。 もう少し詳しいプロフィールはこちら【プロフィール】
ご予約についてはこちら

この記事を見てご予約をご希望の方や気になって頂けた方はこちらをご覧下さい。LINE・メール・ホットペッパーでのご予約についての詳細となります。

ご予約についての詳細